• 【guepard】gp-07 / ecaille × light brown lens

    ecaille × light brown lens
    購入数
    guepard より 人気モデル gp-07 / ecaille × light brown lens のご紹介です。

    《guepard(ギュパール)》は、アートピースとも呼べる独創性を持ち、世界最高品質を誇っていた1940年代から50年代のフレンチヴィンテージ・アイウェアの専門店であり、貴重なデッドストック眼鏡の一つ一つを、小さなネジに至るまで分解して撮り下ろし、全てのパーツを原寸大で掲載したアーカイブブック、『Frame France』を共同出版するなど、その世界に精通している数少ない専門家でもある、神戸『SPEAKEASY』山村氏と、札幌『Fre'quence』柳原氏による共同ブランド。

    フレンチヴィンテージの高いデザイン性や本質を理解し、ディテールや雰囲気はそのままに、サイズ感のみをモダナイズ。敬意を払い表現したコレクションとなっています。

    一見、丸みのあるベーシックなデザインですが、、生地の厚さにフレームフランスらしさを感じる『gp-07』。
    厚みを活かした立体的なカットに、〈ギュパール〉の細部へのこだわりを感じることができる人気モデルです。

    フレームには、比較的手が届き易いアセテートを使い、ヴィンテージへのファーストステップに最適な価格とデザインに設定。
    専門の工房で、職人の手作業により1点ずつ生産されています。

    裏面のみにマルチコートを施した、guepard特注のフラットレンズを採用。
    表面が光を受けて反射する仕様になっており、レンズへのコーティング技術が無かった頃の雰囲気を再現。
    よりヴィンテージらしさがプラスされています。

    鼻パッドは、アジア人でも掛けやすいよう高めの設定で、
    ノーズパッドが本体と共生地なのは、大量生産ではない証拠です。

    ペーパーボックス入り。
    タグ、油紙などの付属品も、当時のフレンチヴィンテージの要素を再現しています。

    ecaille × light brown lens 展開

    レンズ幅:43mm
    ブリッジ幅:23mm
    レンズの高さ:38mm
    フロント最大幅:134mm
    テンプルの長さ:143mm

    MADE IN JAPAN

    アセテート

    おすすめ商品